スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトル変更によせて

「終わりよければすべてよし」 過程でどのようなことがあっても、結末さえ立派にできていれば、途中の失敗などは問題にしないということ。
慣用句辞典より引用

始まりも、終りまでの過程の内容も、もちろん大事ではあると思う。しかし、最後が後味悪いとやはり作品全体の価値が下がってしまう。自分としては、ハッピーエンドで終わるのが一番いい。
と言うことで、原則として完結した作品(読み切りも含む)を中心に書いていく予定です。

今回は、自分のマンガの遍歴について、さすがに最初に読んだマンガが何かなんて覚えていない。そもそも、中学の時に今の家に越してくる前にマンガを読んでたかどうかが思い出せない。
ただ、越してきてから読んだマンガの量は結構な量になると思う。2,3年前につぶれたが当時越してきた家の近くに貸本屋があった。しかも、普通の書店、古本、貸本を一緒に経営していて、新刊を貸本にまわしていたのだから随分重宝していた。
値段は当時コミック1冊が360円にたいして1泊2日60円で借りることが出来た。おかげで、中学、高校、専門学校に行っている間、随分お世話になったものだ。

少女マンガについて
元々は少女マンガなんかに興味はなかった、男が女の子向けのマンガなんて読めないと思っていた。そんな自分が最初に読んだ少女マンガは「ブルーソネット」(著:柴田昌弘)、他に「スケバン刑事」(著:和田慎二)など、「男性作家の描いた少女マンガ」だけを読んでいた。それから、他の作家のSF物や心霊物など、恋愛マンガでない少女マンガを随分読んでいたような気がする。そうやって少女マンガのコーナーを色々物色している内に恋愛マンガにもはまっていってしまった。

ちなみに、自分はストーリー重視派である。そのため、特定の作家の作品を全てそろえるなんてことは滅多にない。
今、部屋を見回して全部そろっていそうな作家といえば、
 ひかわきょうこ
 野間美由紀
 なかじ有紀
 原のり子
こんなところかな、もちろんこの中の作家さんでも、おもしろくないと思えば買わない作品がでてくるかもしれません。

とりあえず、来週紹介するマンガは一応決めてあるけどまだ内緒。まとめてる途中で変わるかもしれないので。

というところで、新しいタイトルでもよろしくお願いします。
閲覧者が0になるまでは頑張ろうと思ってますので。
スポンサーサイト

コミケとオフ会

8月16日、朝7時半に神戸空港を出発。9時過ぎには国際展示場に着きました。が、去年、一昨年は高速バスで朝に着いて、そのまま列に並んでたんですが今回はパス、日陰でゲームでもしながら時間をつぶしていました。昼飯食って、11時半ごろに列に並ぶと30分ほどで入場できました。

まずは企業ブースへ、ねらいはリリカルなのはブース、と最後尾に並んでみたら5時までに間に合わないかもと言われてしまった。しかたないので、他のブースを一通り見て回ってから、東ホールへ移動。混雑がひどくてたどり着くのに時間がかかったけど、到着。といっても、2日目はチェックしたのも3,4カ所程度、買ったのはスパロボ関連1冊と、英雄伝説関連の小説数冊。同人誌の今日の購入はこれで終り。で、もう一度企業ブースに行ってみると、なのはブースの列はほとんど減っていた。ドラマCD以外は売り切れたらしい。というわけで、列に並んで、たいして待たずにドラマCDを無事にゲット。今日の買い物は終了しました。

次は、もう一つの目的である注さんのオフ会へ、とその前に結構時間に余裕が出来たので先にホテルにチェックイン。シャワーを浴びて、Tシャツは着替えたけど上のシャツが乾かない。仕方なく、ドライヤーで乾かしました。そして、待ち合わせ場所の桜木町へ、事前に注さんから今日着ていく服の写真を送ってもらったので迷うことなく無事合流。最後にイチゴなんちゃらさんが合流して、注さんが予約したお店へ移動開始。
1次会、2次会ともに楽しい時間を過ごさせてもらいました。
いただき物
注さんからとグリード・スネークさんからは、CD-ROM
イチゴなんちゃらさんからは、コミケ本をいただきました。
ありがとうございます。
帰りは、ねこぱんださんと途中まで一緒。自分も結構少女マンガは読んでるほうですが、ねこぱんださんには敵わないかも。

無事にホテルに到着、買ってきたドラマCDを最後まで聞こうと思ったけど睡魔にがおそってきたので、断念。翌日は、朝から並ぶことにしたので寝ることにしました。

ということで、コミケ参加1日目は無事終了。17日のレポはまた追記で書きます。


8月17日、朝6時頃に起床。前の日に買って置いたパンとコーヒーで朝食を済ませて会場へ。着いてみたら、なにか違う。
東ホールから入る人と西ホールから入る人で列を分断したようです。西ホール企業ブースはすでに見て回ったので、東ホールの列に並びました。で、開場時間までずっと待機、その間に昨日買ったドラマCDを最後まで聴いてました。
そして10時半頃にやっと入場、ねらいは「なのは」のブース。でもェックしておいた同人誌を探しながら買っていたのは最初だけ、結局なのは関連の同人誌を端から端まで物色して回ってました。一通り回り終わったころには最初にもらった紙袋がほとんど満杯状態に、ホントにどれだけ買ったんだか。
とりあえずなのは関連の同人誌の購入はこれで終り。軽く昼食をとってから、今度は挨拶回り。といってもホントに挨拶だけで済んでしまいましたが。

アニメ「リリカルなのは」の記事でお世話になっている、パズライズ日記のhalogenさん。

昨日のオフ会でご一緒した「初恋限定。」をただひたすら読む。のイチゴなんちゃらさん

そして、河下水希ファンサイトで自分の稚拙な小説を置いてくださった、RDWH&PCOのあずき(シーカー)さん

どの方も、名乗って軽く挨拶して終わってしまいました。
すいません、慣れてないんです。こういうの。今度はもう少し話したいですね。

挨拶も簡単にすませてしまって、だいたい1時過ぎ頃、飛行機の時間にはだいぶ余裕があったのですが、空港に向かうことにしました。空きがあれば、早めに帰れるかとも思ったのですがあいにくと満席、しかたなく予約した時間の17:45まで待つことに。3時間以上空港の待合い室で過ごすことになりましたが、コミケで買った小説や、ドラマCDを聞き返したりして過ごしてました。あとは、飛行機も無事に神戸に着いて帰宅しました。


コミケ参加は3回目なれど、今回はオフ会込みで1泊2日の小旅行。楽しい二日間でした。オフ会もよかったのですが、一番の収穫はやはりドラマCD「Strikers サウンドステージX(イクス)」期待以上の出来で、この2日間のためだけに、300円でポータブルCDを買っておいたかいがありました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。