スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西野は東城が告白したことを知らない。

18巻153話で真中が西野に伝えた時、真中は東城が告白したことを
話してないんですよね。
にもかかわらず、西野は「真中が東城の告白を断った。」ことを知っている。と自分は考えていました。でも経緯を整理してみると、そうではないと考えることができます。

順を追っていくと、

まず、2人の交際が始まる。

       ↓

真中が映研部のみんなに西野とつきあい始めたことを報告する。
(東城以外)

       ↓

西野が部室を訪ねてきて、映画の告白シーンを見る。

       ↓

その帰り道で、西野は東城に自分たちがつきあっていることを話したかを聞く。
(当然、この時点では東城はそのことを知らない)

       ↓

主演2人だけの試写会で、真中は東城に西野とつきあい始めたことを  話す。

       ↓

翌日の文化祭で真中と西野は一緒に行動しているが、東城に自分たちの交際を伝えたことを話してなく、そのまま西野は帰ってしまった。
(この時点で西野は、真中が東城に自分との交際をまだ伝えてないと思っている。)

       ↓

そして夜、東城は真中に告白して、真中はそれにはっきりとした答えを返す。そして、すぐに西野に伝えに行くが、そこで伝えた内容は、
「東城にちゃんと伝えたから、俺が好きなのは西野だってちゃんとわかってもらえたから」
東城の告白を断ったとは一言も言っていない。
(この時点で、西野が安心したのは、真中がはっきりと東城に打ち明けてくれたくれたこと。そしてもう一つ、真中が東城にはっきりと伝えたなら、東城が真中に告白することはない。と考えていた可能性があります。)

       ↓

受験当日(バレンタイン前日)、真中の家の前で待っていた西野は私服で訪ねてきた東城と出会います。
(東城が真中に告白することはない。と思っていたが、もし真中が東城の気持ちを知ったら真中はどうするだろうか。という不安を持ち始めたんじゃないかと思います。)

       ↓

そして真中が帰ってきて、最初に東城に声をかけた時点で西野は自分の不安が的中したと思いこみます。(真中が東城の気持ちを知って、東城を選らんだと。)

       ↓

でも、バレンタイン当日、真中の決意を聞いて西野は真中が、「周りに流されないで自分の未来をつかもうとしている」強さを感じます。(LAST TAKE の西野の心情より)そして、もしこれから先、真中が東城の気持ちを知っても真中の気持ちが揺らぐことはないと信じることができるようになったと思います。

スポンサーサイト

夢紡ぐ糸 エピローグ

プロローグから読む

桜が散っている公園で、淳平と日暮が並んで立っていた。
向こうでは、綾とつかさが笑っていた。
「ありがとうございます。つかさを支えてくれて、あいつが本当に笑っている顔を見れてよかったと思っています。」
淳平は日暮にお礼を言った。
「おまえらのほうはどうなんだ?」
「そろそろ考えていますよ、お互いほかに相手を見つけるのも難しそうですし」
「はは、それもそうだな」
つかさの薬指には日暮さんが送った指輪がある。


そして、俺のポケットには、綾のサイズに合わせた指輪が入っていた。 


夢紡ぐ糸  完

続きを読む »

夢紡ぐ糸 第9話 友達として

プロローグから読む

映画は完成し、試写会での評判はすごかった。
つかさは、二人にお祝いしたいと言って鶴屋に連れて行った。
「あたし、東城さんの原作の一作目も見たけど、あれよりも全然感動した!」
そう言って、3人で夢中で試写会の話を続けていた。
それから、つかさが次の映画のことを聞いてきた。
「ねえ、次の映画も二人でつくるんでしょ。」
「う~ん、そのつもりではあるんだけど、具体的になるのは今の映画の結果が出てからだな。」
「きっとすごい人気が出るよ。試写会の評判もすごくよかったんだから。」
「うん、あたしもそう思う。きっとまた二人で作れるよ。」
つかさと綾は、自信満々に答えている。
そして、つかさがもう一言付け加えた。
「これからもあたし応援するね、2人のことを・・・・・2人の友達として。」


淳平と綾は一瞬、つかさがなんと言ったのか理解出来なかった。
数瞬の沈黙の後。
「な!、何いってんだよ、つかさ。」
「そうよ、急にどうしたの?」
そして、つかさはゆっくりと話し始めた。
「2人が映画を作り始めてしばらくしてから、よく同じような夢を見るの。」
「淳平くんと東城さんが、並んで長い階段を上っていく夢」
「2人はずっと上を見上げて歩いてて、あたしは淳平くんを追いかけようとするけど追いかけられない。あたしは階段に乗っていなくて、遠くから見ていることしか出来ない。」
「最近、わかり始めたんだよね、淳平くんと東城さんはものすごく大きな夢を持っていて、それに向かって歩いているんだって。」
「確かに、東城とは一緒に目指してる夢があるけど、それはつかさに対する気持ちとは全然違うんだ。おれが好きなのは、つかさなんだから。」
淳平は、必死で自分の気持ちを伝えようとしていた。
「うん、淳平くんの恋人はあたし、でも、淳平くんと東城さんの絆の強さを考えると、恋人のあたしと淳平くんの絆がどれだけちっぽけなものか、思い知らされる。」
「それは、2人が映画を作り始めたときから漠然と感じていたけど、2人の相性が100%ってわかってから確信した。」
「「えっ」」同時に驚く2人。
「・・・・、その様子だと、2人とも知ってるみたいだね。」
「いや、それよりもなんでつかさが・・・」
「あたしが知ってる理由?」
「ああ」
「外村くんに頼んで調べてもらったら、泉坂高校の文化祭で100%だったカップルの番号は淳平くんの番号だった。」
「でも、それだけだと相手はわからないでしょう。あたしは自分の番号知らないし。」
「今の2人を知ってる人間ならみんな同じ答えを出すよ。淳平くんと相性100%の相手なんて東城さんしかいないって。」
2人は、なにも言えなかった。
「あたしが淳平くんを好きな気持ちは変わらない。だからこのまま恋人のままでいることも考えた。
でも、いつか淳平くんがその夢を叶えたとき、一緒に喜びを分かち合えるのはあたしじゃなくて、東城さんなんだよね。」
「もし、淳平くんが一人でその夢を追いかけてるなら、恋人として、夢を追う淳平くんを支えたいと思う。
それなら、淳平くんが夢を叶えた時、あたしは淳平くんと一緒に喜びを分かち合える。でも、淳平くんの夢を支えられる人は別にいる。
互いに支え合うことが出来る人が・・・。
恋人のあたしが支える必要なんかない。
淳平くんと東城さんなら、互いを支え合って夢に向かってずっと歩いていける。
そうなったら、いつか夢を叶えた時、あたしは素直に喜べないと思う。」
「それなら、恋人じゃなく友達として2人の夢を応援しようって思った。」
「「「・・・・・」」」
「日暮さんがさ、来月からまたフランスへ行くことになってて、それにあたしも一緒に行かせてもらおうかなって思ってる。」
「期間は半年から長くて1年。だから、今度帰ってくるときは、友達として再会しよう。」
そう言ったつかさは、笑顔だった。
しかし、淳平にはわかっていた。そして、気付いてしまった。
「俺、つかさの笑っている顔が一番好きだ。でも・・、もう恋人としての俺の前で本当の笑顔を見せてくれることはないんだな・・・。」
「・・・うん」
淳平のとなりで綾は目に涙をためていた。


つかさは、かたづけがあるからと、淳平と綾を先に帰らせていた。
厨房で、かたづけをしていると、不意に扉が開く音がした。
「日暮さん?」
「ああ、淳平から電話があってな、つかさくんがひとりでかたづけをしているが大変そうだから手伝ってくれって、つかさくん、泣いてるのか?」
「い、いえなんでも」
(もう、淳平くん最後までやさしいんだから)
「なにかあったのか。」
「・・・、少し話を聞いてもらえますか。」


今日、あたしは自分の恋を終わらせた。それは、今のあたしにとってつらいことではあったけど、いつか2人が夢を叶えた時、この決意が正しかったと言える日が来ると思う。
だからそれまで、2人が紡いでいく夢を応援する。それが、あたしにとって新しい幸せをつかむことにつながると思うから。


西野の幸せ。end


プロローグから読む

続きを読む »

夢紡ぐ糸 第8話 西野の決意

プロローグから読む

映画のほうは、無事にクランクアップ、編集作業に入っていった。
綾は、2,3日に一度編集された映像のチェックでスタジオを訪れていた。
「あ、西野さん。」
「東城さん。」
「西野さんは真中くんのところに? まだ編集中だったでしょう。」
「うん、あたしは差し入れを持って行っただけだから。東城さんは?」
「あたしは、編集終わったぶんを見てきただけ、特に問題とかなかったから、これから帰るとこ。」
「そっか、ねえ一緒に帰らない? 話したいこともあるんだ。」
「え、いいけど。」

スタジオ内、淳平たちはつかさが差し入れてくれたクッキーを食べていた。
「かんとく~ 相変わらずあつあつですね~。」
「はは。」
「ほんと、西野さんっていつも笑顔でかわいいし。」
「・・・いつも笑顔、か。」
「ん? 監督、どうかしました?」
「いや、なんでもない。」
(最近のつかさは、つくり笑いが多いな、やっぱり寂しいのか。でも、これからしばらくは映画が完成するまで時間作れないしなあ。)

泉坂まで戻ってきた綾とつかさは、近くの河原のベンチに腰掛けていた。
遠くで子供たちの声が聞こえる。
「それで、話って?」
「東城さん、答えづらいかもしれないけど、正直に答えてほしいの。」
「淳平くんの彼女になりたい?」
「え?」
「お願い、正直に答えて。」
つかさの目は真剣だった。
「そうだね、一緒に映画とか見に行って、終わった後映画の話して、そうしたら楽しいだろうね。」
「じゃあ。」
「でもね、それは楽しいかもしれないけど、今、真中くんと一緒に映画を作っている時間に比べたらたいしたことじゃないの。」
「高校の頃も映画を作ってたけど、あの頃はただ真中くんのために手伝っていた。」
「でも、今はちがう。もちろん真中くんと映画を作るのは楽しい。真中くんと一緒だと、自分の中から新しいものがどんどん生まれてる気がする。でもそれだけじゃなくて、大勢の人が映画の完成に向けてエネルギーを注いでいるのがものすごく気持ちいいの。あたしもその中の一人なんだと思うと、すごく感動する。」
「だから、今のあたしは恋をしている暇もないし、恋にエネルギーを回している余裕もないかな。」
「それに今の真中くんとは、お互い気をつかうようなところがなくなってるし、前に西野さんが見たような口論を平気でするし、高校の頃のような雰囲気なんて全くなくなっちゃったかな。」
つかさは、黙って聞いていた。
「そっか、今は大事な友達みたいなもんなんだね。」
「うん、でもどうしたの? 急にこんなこと聞くなんて。」
「ううん、別にたいしたことじゃないの。」
(やっぱり、あたしが自分で決めないといけないんだ。)

プロローグから読む

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。