スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西野は東城が告白したことを知らない。

18巻153話で真中が西野に伝えた時、真中は東城が告白したことを
話してないんですよね。
にもかかわらず、西野は「真中が東城の告白を断った。」ことを知っている。と自分は考えていました。でも経緯を整理してみると、そうではないと考えることができます。

順を追っていくと、

まず、2人の交際が始まる。

       ↓

真中が映研部のみんなに西野とつきあい始めたことを報告する。
(東城以外)

       ↓

西野が部室を訪ねてきて、映画の告白シーンを見る。

       ↓

その帰り道で、西野は東城に自分たちがつきあっていることを話したかを聞く。
(当然、この時点では東城はそのことを知らない)

       ↓

主演2人だけの試写会で、真中は東城に西野とつきあい始めたことを  話す。

       ↓

翌日の文化祭で真中と西野は一緒に行動しているが、東城に自分たちの交際を伝えたことを話してなく、そのまま西野は帰ってしまった。
(この時点で西野は、真中が東城に自分との交際をまだ伝えてないと思っている。)

       ↓

そして夜、東城は真中に告白して、真中はそれにはっきりとした答えを返す。そして、すぐに西野に伝えに行くが、そこで伝えた内容は、
「東城にちゃんと伝えたから、俺が好きなのは西野だってちゃんとわかってもらえたから」
東城の告白を断ったとは一言も言っていない。
(この時点で、西野が安心したのは、真中がはっきりと東城に打ち明けてくれたくれたこと。そしてもう一つ、真中が東城にはっきりと伝えたなら、東城が真中に告白することはない。と考えていた可能性があります。)

       ↓

受験当日(バレンタイン前日)、真中の家の前で待っていた西野は私服で訪ねてきた東城と出会います。
(東城が真中に告白することはない。と思っていたが、もし真中が東城の気持ちを知ったら真中はどうするだろうか。という不安を持ち始めたんじゃないかと思います。)

       ↓

そして真中が帰ってきて、最初に東城に声をかけた時点で西野は自分の不安が的中したと思いこみます。(真中が東城の気持ちを知って、東城を選らんだと。)

       ↓

でも、バレンタイン当日、真中の決意を聞いて西野は真中が、「周りに流されないで自分の未来をつかもうとしている」強さを感じます。(LAST TAKE の西野の心情より)そして、もしこれから先、真中が東城の気持ちを知っても真中の気持ちが揺らぐことはないと信じることができるようになったと思います。

スポンサーサイト

コメント

否定派です。

コメントでは初めまして。
新エントリーがあったので思わずPCを起動してキー坊をパチパチと衝動。

本当は話すととても様々な要素が絡んでくるので短めにしますが、
実は私はその結論には否定的です。

簡潔に言うと
「ついさっきまで不安で一杯なのに、何故あんな説明であっさり心が通じ合えてた」
と思えるのかが非常に疑問です。

つかさにとって綾の存在は最大級の心配事であるはずの事なのに、
真中君の説明は非常にあっさりしています。
つかさにとっては文化祭での些細な態度でさえ不安を感じて、
その日の夜の説明で納得はしているものの、また不安を感じている訳です。
また、文化祭~カラオケの日までの彼の態度は、
つかさが知る事はありませんが、
こずえに対する態度、綾を頼る態度など、
傍目にはその不安は見事に当たっています。
なんせ昨日の今日でも態度全く違う訳ですし。

にも関わらず、文化祭での説明か、もしくはそれ以下の説明で、
「私が抱いていたのは勘違いで、彼の言うことは正しい。彼の愛情を確かめられた」と、考えを180度転換できるというのは、
はっきりいって不自然すぎると思います。
もしも、もしもです。
つかさが自分の知らない冬の間の彼の行動を見ていたとしたら、
確実にもっと爪の先まで深く追求していることと思います。

そういう意味では、仮に彼がここで表面的なごまかしをしていたとしても、
これでは彼女はそれを見抜けていないのではないか?とも思います。
最終的に彼が一応4年間の謎の空白を経て夢への足がかりと、
一応つかさへの想いを徹していましたが、それは結果論であって、
あの時点でつかさがそれを信じられたと見るのは、
あまりに都合が良すぎる解釈だと思っています。
真中君にとって、勿論、ひいては完結させなきゃいけない河下水希にとって。
僕はここに河下水希がつかさに注ぐ内面描写の限界を見た気がします。
それについては作者の力不足、以上の何物でもないのでそれで済む話ですが。

個人的に、つかさは実は全てに納得・満足して別れた、とは見ていません。
そう見るべきだろう?、という"読者の良心"頼みの補完よりは、
彼女の内面に焦点を当てて解釈する立場を取りたいと思っています。
まぁ彼女に限らず不自然な思考の転換はあまり肯定しませんが。

宣伝になりますが、今進めている私の二次小説も、
こういった所への一定の答えが確立しているので、
いずれ未来でそこにメスを入れた流れが発表できればと思います。
あれ?短くすると書いたはずなのに…(・∀・;)
長くなりました失礼。

どうもです。

コメントありがとうございます。

確かに原作だけだと、ちょっと(というかかなり)足りない気はします。だから、西野の心情を把握するためにLAST TAKEを重要視してたんですけどね。
西野の心情を聞いても、「なんで、あれだけのやりとりで真中が変わったってわかるんだ?」という疑問を持つのは、まあ当然かもしれません。
(自分は、そこで納得している口ですが。)

ただ、今思いついたことが一つ。
もし、あの雪の日(バレンタイン前日)に東城と付き合うことにしたとしたら、真中は西野にちゃんとしたことを言えないままずるずると関係を続けるか、もしくはさつきや東城にはっきり伝えた時と同じように、「やっぱり東城が好きだから、西野と付き合えない」と言うか、どちらかだと思います。

> そういう意味では、仮に彼がここで表面的なごまかしをしていたとしても、
> これでは彼女はそれを見抜けていないのではないか?とも思います。


東城と付き合いたいから、「映画監督を目指すために白紙に戻したい。」なんてそんな器用?な嘘をつけるキャラクターではないと思います。
そう考えれば、勘のいい西野なら真中が嘘をついているかどうかわかるんじゃないかと、今思いました。

真中が、正面から自分の気持ちを本音でぶつけていること。
そして、その場の雰囲気に流されるように自分に告白したあの時とは全然違う真中の決意と態度。それが、「周りに流されないで自分の未来をつかもうとしている」強さを感じさせていると思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。