スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢紡ぐ糸 第1話 疑問

(ふう、あまりいい感じしないかな。)
東城綾は、自分の小説を映画化した試写会をみていた。
(こことか、自分がイメージしたのとかなり違う気がする。)



1年後、綾は編集部で打ち合わせをしていた。
「それでですね東城先生、次の映画なんですが、」
「え、もう次を映画化するんですか。」
「実は、何人かの若手の監督に絵コンテを書いてもらって、その中から次の監督を選ぼうということになってるんです。」
「まあ、監督の新人発掘ですね。」
「はあ、」
東城綾の一作目の映画は、そこそこの興業成績を出していた。
邦画の成績がふるわない昨今では、健闘したほうであった。
(そういえば、真中くんも映画会社に入ったって言ってたけど応募するのかな)
「あ、選考会には東城先生も参加していただきますから。」



選考会当日、10人の若手の監督のコンテが集められた。
(真中くんの作品はなしか・・、やっぱりまだ早いのかな。そういえば今日の選考会にはいっている角倉監督って
確か、真中くんの入った事務所の人だったよね)
(でも、このコンテなんか似た内容が多いな、あっでも6番のはそうでもないかも、結構うまく、原作のイメージをくみ上げてくれてるみたいだし、あっこのシーン結構いい感じかも)



「6番のコンテ、なかなかよさそうですな」
「そうですな、しかし聞かない名前ですな、中間純一とは」
「うちに入社して2年ですが、なかなか見所があると思いますよ。」
「まあ、角倉監督がそういうなら大丈夫でしょう。」
「東城先生はどうですか。」
「はい、あたしも6番がいいと思います。いくつかのシーンで実際に映像にされたのを見てみたいと思った箇所もありましたし。」
「では6番の監督を採用、ということでよろしいですね。よろしければ挙手願います。」
全員一致だった。
「以上で、東城先生の次回作の監督は6番に決定しました。」
選考会が終了し、全員が席を立とうとしたが、
「あっちょっと待ってください。」
「実は、6番の中間純一というは偽名なんですよ。」
「なんですって、この選考会に本名を名乗らずに応募したのですか。」
「ええ、まあ・・。本名は 真中淳平。」
(えっ真中くん?)
「東城先生の高校の同級生で、東城先生と高校の部活で自主映画を制作していたことがあるんです。」
「そういうことで、本人から偽名での応募と東城先生にも自分が出していることを秘密にしてもらうように頼まれましてね。」
(これが、真中くんの・・・。また真中くんに映画を作ってもらえるんだ。)





「あっお帰りなさい角倉さん、選考会どうでした?」
「ああ真中、おまえのが採用されたよ。」
「え? ええ~!! だってほかの人はみんな俺より先輩で。」
「でも、全員一致で決まったのはおまえの作品だ。」
「全員一致・・・」
「まあ、がんばれよ。」
「はい」
「それと、東城先生には脚本も書いてもらうことになったから。」
「スケジュールとか大丈夫なんでしょうか。」
だが、角倉の話によれば、だいぶ前からその予定で調整していたそうだ。

(そっか、また東城の脚本で映画が作れるんだ。)




そのころ、選考会から帰ってきた綾は今書いている小説の執筆を進めていた。
カタカタ・・・
(ここで、香が告白して・・)


「わたし、健一さんが好きなんです」
「・・・ごめん香、俺今は絵里さんが好きなんだ」
(え?)
(主人公はもともと香が好きだった、でも絵里さんを好きになって・・だから今はってセリフを入れたけど)
(じゃあ、真中くんは? どうしてあのとき・・・)

映画の事務所に入って2年で監督をまかされるなんて普通はないと自分でも思ってます。
そこで選考会で選ばれるという形にしました。
選ばれたのは、真中の才能だけが理由ではないんですけどね。

東城の小説の映画化1作目を、真中の映画にしなかったのも理由があるんですが、あまり生かし切れませんでした。
1作目と2作目では、かなり差がでていることになっています。

> (これが、真中くんの・・・。また真中くんに映画を作ってもらえるんだ。)
> (そっか、また東城の脚本で映画が作れるんだ。)
2人とも高校以来、6年ぶりに一緒に作る映画ですから、懐かしくもなります。
東城のほうは、1作目の出来に多少とも不満を持っていますから、期待も大きいです。
でも、この頃は高校の頃の映画作りを懐かしがっているだけ。
2人が自分たちの中にある本当の価値に気付くのはもう少し先の話です。

東城が疑問に思ったことについては、次の話で一緒に書くことにします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。