スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトル変更によせて

「終わりよければすべてよし」 過程でどのようなことがあっても、結末さえ立派にできていれば、途中の失敗などは問題にしないということ。
慣用句辞典より引用

始まりも、終りまでの過程の内容も、もちろん大事ではあると思う。しかし、最後が後味悪いとやはり作品全体の価値が下がってしまう。自分としては、ハッピーエンドで終わるのが一番いい。
と言うことで、原則として完結した作品(読み切りも含む)を中心に書いていく予定です。

今回は、自分のマンガの遍歴について、さすがに最初に読んだマンガが何かなんて覚えていない。そもそも、中学の時に今の家に越してくる前にマンガを読んでたかどうかが思い出せない。
ただ、越してきてから読んだマンガの量は結構な量になると思う。2,3年前につぶれたが当時越してきた家の近くに貸本屋があった。しかも、普通の書店、古本、貸本を一緒に経営していて、新刊を貸本にまわしていたのだから随分重宝していた。
値段は当時コミック1冊が360円にたいして1泊2日60円で借りることが出来た。おかげで、中学、高校、専門学校に行っている間、随分お世話になったものだ。

少女マンガについて
元々は少女マンガなんかに興味はなかった、男が女の子向けのマンガなんて読めないと思っていた。そんな自分が最初に読んだ少女マンガは「ブルーソネット」(著:柴田昌弘)、他に「スケバン刑事」(著:和田慎二)など、「男性作家の描いた少女マンガ」だけを読んでいた。それから、他の作家のSF物や心霊物など、恋愛マンガでない少女マンガを随分読んでいたような気がする。そうやって少女マンガのコーナーを色々物色している内に恋愛マンガにもはまっていってしまった。

ちなみに、自分はストーリー重視派である。そのため、特定の作家の作品を全てそろえるなんてことは滅多にない。
今、部屋を見回して全部そろっていそうな作家といえば、
 ひかわきょうこ
 野間美由紀
 なかじ有紀
 原のり子
こんなところかな、もちろんこの中の作家さんでも、おもしろくないと思えば買わない作品がでてくるかもしれません。

とりあえず、来週紹介するマンガは一応決めてあるけどまだ内緒。まとめてる途中で変わるかもしれないので。

というところで、新しいタイトルでもよろしくお願いします。
閲覧者が0になるまでは頑張ろうと思ってますので。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。