スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢紡ぐ糸 第2話 初恋

仕事が終わってから、淳平はパティスリー鶴屋にいた。
「淳平く~ん」
「つかさ、お疲れ」
「淳平くんも、お仕事お疲れ」
「ああ、そういえば店の方ずいぶん込んでたけど、日暮さん帰ってきてるのか。」
「うん、日暮さんもまだ独身だからね。相変わらず女の人に人気みたい。」
「ふ~ん」


「そういえばさ、選考会の結果、どうなった?」
「採用された。」
「やったー、これで監督デビューだねって、どうしたの?あまりうれしそうじゃないけど」
「う~ん、今回応募したメンバーってみんな一度くらいは監督の経験がある先輩たちばっかだったんだよな」
「自分が選ばれたのがちょっと信じられないっていうか」
「きっと、淳平くんには才能があるんだよ」
「でも、今でも角倉さんの作品には全然及ばないって気がしてるんだけど。」
「こら!淳平!」
「はい!って、わかってるよ。決まった以上は全力を出す!」
「うん、よろしい」
「脚本も東城が書いてくれるらしいし、がんばらなきゃな。」
「東城さんが?」
「うん、だいぶ前からそのつもりだったらしくて、スケジュールとかかなり調整したらしいぜ。」
「ふ~ん」
「なんて顔してんだよ、大丈夫、俺が好きなのはつかさなんだからな。」
「うん」



綾を含めた映画の打ち合わせが終了して、スタッフが解散していく。

「真中くん」
「東城」
「あとで、駅前のファミレスでも会えないかな、ちょっと相談したいことがあるんだけど。」
「仕事と関係ないこと?」
「うん、ちょっと」
「いいよ、30分ぐらいかかると思うけど。」
「うん、それじゃ後でね。」


「ごめん東城、待った?
「ううん、だいじょうぶ」
「えと、コーヒーお願いします。」
淳平はすぐに注文を出した。
「それで、相談ってなに?」
「うん、まずはこれを読んでみてくれる?」
「これって、次の小説?」
「うん、まだちょっと途中なんだけど。」


読み進めていく淳平。
(へえ、相変わらずいいもの書くよな。)
(でも、この話読んでると、あの時のことが思い出されてくるような。)
(まさか、それに絡めて書いてるわけないと思うけど。)


「相変わらず、いいよな東城の小説。 それで?、この先の展開で悩んでるの?」
「ううん、そうじゃないんだけど。この話で主人公の健一が、初恋の香の告白を断るところがあるよね。」
「あ、ああ」
「あたし、これ書いてて思い出したんだけど、真中くんあたしの告白の
とき「今は西野を大切にしたい」って言ったよね、あのときの今はって
どういう意味だったのか教えてほしいの。」
「!」
「もちろん、いまさら真中くんにもう一度告白するとかじゃないから。」
「ただ、どうしても気になって・・・」
「・・・」
「・・・」
(もうこれ以上、隠してても意味ないか。)

淳平は、覚悟を決めて話すことにした。
「俺が初めて好きになった女の子は、屋上で空から降ってきた女の子だった。」
「でも、おれはその子が東城だって長いこと気づかなかった。」
「え、でもノート拾ってくれたのに?」
「はは、最初にノートを返しに行った時に、会う前は期待してたんだけど、
会った瞬間、「こんな地味な子があの子のわけない」って思ったんだよ。」
「そっか、よくいわれるもんね、とても同一人物に見えないって」
「それで、小宮山や大草から「そんだけかわいいなら絶対西野つかさだ」って言われてね。」
「それでおれもそう思いこんで、西野に告白したんだよな。」
「え~、最初は人違いだったの?」
「うん、しかも告白したすぐ後に東城、近く走り抜けていったろ、それで人違いってすぐわかったんだけど。」
「それと、もう一人気になる女の子ができた。」
「その子は、おさげに黒縁めがねをかけた地味な女の子だった。」
「え、」
「一目惚れした女の子と、次第に惹かれていった女の子が同じだと知ったのは泉坂高校の入試の時、でも、結局最後までその子に告白する勇気も
持てず、その子の気持ちを確かめることもなく俺は、次の恋を始めてしまった。」
「・・・そっか、お互いに後一歩踏み出す勇気がなかったんだね。」
「東城・・」
「うん、ちょっとスッキリした。真中くんの初恋があたしだったことも
嬉しいし、高校の頃の宝物が一つ増えたみたい」
綾は晴々した笑顔を見せていた。
「今書いてる小説の続きね、香は遠くへ引っ越すんだけど、その前に
健一に別れの手紙を出すの、それを読んで、健一が大泣きする話に
持って行こうと思ってるんだけど・・」
「真中くんも、つらかった?」
「ああ、あの雪の日に東城と別れた後、ずいぶん泣いてたな。」
「そっか・・ありがとう、それだけ聞けたらもう十分。」
「ふう、俺もなんかつっかえがとれた気がする。」
「ふふ」
「はは」

それから、しばらくの間俺たちは昔話に花を咲かせていた。

当然、メインは真中の初恋話です。

「東城に真中の初恋の相手を教えること。」これは、どうしても
書きたかったことの一つです。ただ、東城のためだけじゃなくて真中の
ためにも書きたかったことでもあります。
東城にだけは、自分の気持ちを伝えることが出来なかった。それを
叶えてあげようを思っていました。

それと、東城は自分の小説から真中のあのときのセリフに疑問を
持ったわけですが、真中に聞く時には、
> 「もちろん、いまさら真中くんにもう一度告白するとかじゃないから。」
真中の答えをほとんど確信しています。
ただそれでも、心のどこかでそんなわけないと思っている自分がいて、
はっきりさせたいと思ったから聞くことにした。というのが東城が真中に、聞いた理由と考えています。

その結果、東城は思いもよらぬ真中の告白を聞くことになります。
真中の初恋が自分だったということ。これはいくらなんでも想像してなかったでしょう。

お互いに初恋同士だということが判ったわけですが、だからといって
いまさらあの頃に戻れるとは2人とも思っていませんし、あの頃と同じ
ような気持ちも感じていません。むしろそういう気持ちが無くなった分、2人の距離が近くなったと思っています。
スポンサーサイト

コメント

No title

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/minnanop/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。