スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Strikers サウンドステージX(イクス)その4

キャラ紹介
その1
その2
その3

disc02

25『無限書庫~小さな司書』

「IDカード確認しました。つづいて音声確認をお願いします。」
「高町ヴィヴィオです。無限書庫で調べ物に来ました。」
確認が終了し、無限書庫に入っていく。中では、オットーが先に調査を開始していた。前日から調べていたが、どうもはかどらないようす。
ここでヴィヴィオは、この件がティアナからの依頼だと初めて知る。それなら自分も昨日から泊まり込みで調べたのに。とヴィヴィオは言う。ティアナは母の教え子でもあり、機動六課にいたころは自分もお世話になっていたこともあり、力になりたいということだった。オットーとしては、健康的な問題やヴィヴィオの家族に心配をかけたくないということもあり、賛成しかねることではあった。
「高町ヴィヴィオ、全力全開で調べちゃう!」
検索範囲、B.Cベルカ時代から現在のベルカ自治区までの全文検索を開始する。本の確認に向かったオットーにディードから念話が入る。絞り込まれた年代が古代ベルカということもあり、書籍の解読や翻訳が難しいという。「アギトさんに頼めれば手っ取り早いんだけど」
そのアギトは、休暇を取ってルーテシアの元へ遊びに行っているらしい。


26『アギト、ルーテシアを訪ねる』

アギト、ルーテシアの迎えで家に向かう。家に入って目についたのは、以前来たときより増えている本棚の本だった。古代ベルカなどの歴史が好きらしくその手の本が多い。ルーテシアがまだ温かいマフィンを持ってくる。アギトがマフィンに頬張っている間に外から連絡が入る。


27『無限書庫&共同調査』

ルーテシアに外から連絡してきたのは、無限書庫にいるヴィヴィオだった。ヴィヴィオは、調査対象で見つかった本の翻訳に手間取っていたため、ルーテシアに連絡してきたのだった。調査内容に興味を持ったルーテシアは原文データの画像を受け取る。そのほかに、マリアージュを見つけた人物としてトレディアという名前が見つかったらしい。そのトレディアという名前にに聞き覚えがあるように感じるアギトとルーテシア、だがすぐに思い出せず、二人はまず送られてきたデータの翻訳を始める。

翻訳した内容から、マリアージュが増殖兵器だということが判明する。また、ルーテシアがキャロからプレゼントされた希少本にイクスについての記述があったことを思い出す。本には、「冥王イクスヴェリア」と書かれていた。ヴィヴィオがその名前で絞り検索を行い、イクスヴェリアについての詳細を見つける。そこには、死体から生みだす増殖兵器マリアージュについても書かれていた。

そのさなか、アギトは聞き覚えのあったトレディア・グラーゼという名前を思い出す。トレディアはDr.スカリエッティの元に出入りしていたことがあるらしい。それを聞いたヴィヴィオは、オットーに急いでそのことをティアナに伝えるように言い。残りの資料をまとめることにする。


28『捜査』
29『ギンガとチンク』

ティアナの元に、オットーから調査内容と途中経過としてトレディアの事が報告される。ティアナはルネッサと連絡、トレディアの行方については絞り込めたらしい、ティアナはルネッサにそちらの捜査を指示する。それから、ギンガとも連絡を取る。ギンガもディードから同様の報告を受けていた。本局で手続きをとって、軌道刑務所へ向かうと言う。

連絡を終えたティアナのもとに、スバル、エリオ、キャロがやってくる。エリオとキャロも事件捜査に協力を申し出ていた。

移動中のギンガのもとに、チンクから連絡が入る。軌道刑務所のスカリエッティのもとにいくギンガに同行したいということだった。
チンクはトレディアについての証言者の一人でもあり、問題ないと判断したギンガを同行を了承する。


30『JX705』(注:JX705はヘリの型式名称です。)

アルトが操縦するへりJX705は、トレディアがいると思われる再開発地区K267に到着する。ヘリに乗っているのは、ルネッサと元機動六課のヘリパイロットでもあり今は武装隊に所属しているヴァイス。ほどなく、警ら隊より容疑者3名を確認したと報告が入る。
マリアージュの一体は、部屋で旧式のレコーダーを見つける。そこにはトレディアのメッセージが流れていた。


31『独想』
32『J.S』

チンクの独想、D.Rジェイル・スカリエッティと12人の戦闘機人。

ギンガとチンクは、軌道刑務所にいるD.Rジェイル・スカリエッティと面会する。また、別々の軌道刑務所にいるウーノ、トーレ、クアットロ、セッテとも通信でつながっている。ギンガの要求は、トレディア、マリアージュ、イクスについての情報提供だった。スカリエッティはウーノに情報の提示を指示する。トレディアとイクスの今の居場所を聞こうとしたところでディエチから連絡が入る。ミッド海上の施設「マリン・ガーデン」で大型火災が発生、ナカジマ家4姉妹にも緊急で出動要請が入ったということだった。スカリエッティたちは、簡単にイクスとトレディアのことを教える。イクスは今火災が起きているマリン・ガーデンの地下、トレディアは4年前の死亡していた。



気になっていること、ヴィヴィオの魔力光は何色だったんだろう、アニメで聖王ヴィヴィオとして成長していたときは虹色だったけど、やっぱり同じ色?
「特別扱い禁止ー!」オットーからは「陛下」と呼ばれているがヴィヴィオはそう呼ばれるがいやらしい。他の姉妹はどう呼んでるのかな。
アギトとルーテシアの話題で、八神家3人のメールについて出てきた。
シグナムは、文章のみで飾りなし。
ヴィータは、フェイスマークぐらいは入れるらしい。
シャマルは、絵文字だらけで超カラフル。
・・・3人のメールのやりとりが思い浮かびそうだ。


次で、最後まで書き終えたいところ。1週間で書けるかどうか。
スポンサーサイト

テーマ : 魔法少女リリカルなのは - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。