スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢紡ぐ糸 第5話 強くなること

そして、クランクアップまで、後一ヶ月余りとなったころ。
鶴屋定休日、淳平から撮影場所を聞いていたつかさは、差し入れを持って行った。
スタジオに着いて早々、
「だから! そうじゃないだろ!」
(な、なに?)
「でも! それじゃ不自然すぎるよ!」
(淳平くんと東城さん?)
二人はすごい声で、言い争っていた。
淳平が怒っているのも珍しいが、綾のあんな面はつかさは見るのが初めてだった。
「あの~、大丈夫なんですか?」 つかさは、近くのスタッフに尋ねた。
「大丈夫、大丈夫、時々あるけど大抵監督のほうが言い負かされるから。」
しばらくすると、淳平と綾はふつうに話していた。

「あたし、びっくりしちゃった。淳平くんと東城さんがケンカしてるなんて」
「初めて口論しているときは夢中で気づかなかったけど、後から思い出すとちょっとショックだったというか、高校時代の東城からは想像もできないもんな。」
綾は、少し恥ずかしいのか、頬を赤く染めながら、話した。
「普段、ほとんど声を荒げることはないんだけど、映画のことになるとついね。真中くんも妙に頑固なときがあるから。」
「大抵は、監督の方が降参するんですよね。」とスタッフの一人が口を挟む。
「しょうがないだろ、結局東城のほうが正しいんだから。」
「途中で、自分の間違いを正せるのはいいんだけど、もうちょっと早く気づいてほしいな。 結構、諭すのも大変なんだから。」
そういって、綾は淳平に笑顔を向けた。
「う、・・・努力します」
淳平は素直に反省した。

撮影が予定通りに進み、淳平とつかさは帰途についた。
「ねえ、東城さんってだいぶ変わった?」
「うーん、普段の東城はそれほど変わってないと思うけど、映画のこととなると、だいぶ積極的になったな。」
「映像研究部の活動の時は? 今ほどじゃなかったの?」
「そうだな、高校の頃は映画の撮影であまり口を挟むようなことはしなかったな。」
「高校卒業してからだろうな、いい意味で変わっていったのは。」
「実際、前に東城が言ってたよ、あの時自分は振られたけど今はそれでよかったと思うって。」
「東城さんがそんなことを?」
「俺もそう思っている、4年間世界を旅して回った経験は、俺の大事な財産だからな。」
「もし、東城とつきあってたらあんな経験することはなかった。」
「そう・・」
(淳平くんも東城さんも、高校の頃と比べてものすごく変わってる。ううん、すごく強くなった。)
(あたしは、どうなんだろう、あの空港での別れの時、強くなるって決めたけど。)
(あたしは、強くなれたんだろうか。)
(それに、東城さんが変わったのは淳平くんのおかげ、そして淳平くんはあのバレンタインの時に変わったけど、そのきっかけになったのはやっぱり東城さんだった。)
(2人は、互いに影響しあっている、それは、仕事上のパートナーとしてもプラスに働いていると思う。)
(そう、今の2人の関係は仕事上の関係、あたしと淳平くんの関係とは違う。だから気にする必要は無いんだよね。)

高校時代に東城が怒鳴った時って一度だけあるんですよね。
まあ、一回だけだしあのときは苛立ちをぶつけただけだから、これとは違うということで。

真中と東城の口論、このシーンを書きたいと思ったきっかけは、これです。
「ラストシーンは君と」http://allergy01.fc2web.com/ichigo100.htm
(著者:穂波さん、掲載サイト:にしつかささんのAllergy!?)
ここでは、「口論したことがある」としか書いていませんでしたので、なんかそのシーンが見たいなあと思っていました。
他にも、2人の変化を表すのにちょうどいいと思ったこともあります。

> 実際、前に東城が言ってたよ、あの時自分は振られたけど今はそれでよかったと思うって。
もし、高校時代に真中と東城が恋人同士として付き合い始めて6年後もそのまま続いていれば、やっぱり幸せだとは思います。
でも、その場合、第4話で書いた夢の階段は高校当時と同じように、東城は真中だけを見て階段を上り続けているじゃないかなと思っています。
確かに、それはそれで東城にとっては幸せな時間を過ごしていることになるでしょうね。

でも、高校卒業から6年間、別々の道を歩んできてもう一度、夢の階段をのぼっている2人は今度は肩を並べて上っている。
それは高校時代とはまるで違う充実した時間を共有している。それが、「今はそれでよかったと思っている」理由です。


> 淳平くんも東城さんも、高校の頃と比べてものすごく変わってる。ううん、すごく強くなった。
落ちた谷が深いほど、それをはい上がった人間は相応の強さを手に入れることが出来る。そう思っています。

東城は、部屋に戻って尚、号泣していたがノートの小説を書き上げてその想いを昇華させた。
真中は、西野に甘えたあのときより遙かに深い谷で落ち込んでいたけど、東城の小説というきっかけがあったにせよ、その小説を監督として映画にする決意とともに自分自身で谷をはい上がることが出来た。

だから、2人は強くなった。そう考えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。