スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢紡ぐ糸 第7話 迷い

「そういえば、東城もやっぱり彼氏がほしいの?」
「うん、真中くんに甘えている西野さん見てたらうらやましくなっちゃって。」
「え?」
「あ、別に真中くんに甘えたいとかじゃないの。真中くんとはこうやって一緒に映画を作ってる時間のほうが、ずっと楽しいから。」
「なんとなく、ああいうふうに甘えられる人がいたらいいなって。」
「なるほどね、う~ん、日暮さんなんてどうかな。」
「え?日暮さんって西野さんがつとめてる店の? あの人けっこうかっこいいけど、あたし・・」
「かっこいい人は苦手?」
「うん」
「確かに外見かっこいい人だけど、それだけじゃないぜ。」
淳平は、日暮と初めてあった時のことを話した。
「そんなことがあったの。」
「うん、日暮さんはいまでもかっこいいけど、そういうところは変わってないと思う。」
「そっか、会ってみようかな。 映画が完成したら紹介してくれる?」
「ああ、向こうにも伝えておくよ。」



淳平と綾が、ラブサンクチュアリの結果を知る数日前。
つかさも、同じ週刊誌のラブサンクチュアリの記事を読んでいた。
「泉坂高校で、一組だけの相性100%のカップル・・・」
「・・・・」
「ピ、ポ、・・」
「もしもし、外村くん? あたし、西野つかさだけど。」
〔つかさちゃん? ひさしぶり~、よく俺の番号覚えてたね~。〕
「うん、ちょっとたのみたいことがあって、・・・」
〔・・・OK わかった 調べてみるよ。でも、いいのか?〕
「うん、どうしてもはっきりさせておきたいから。」



そして、つかさは外村から連絡を受けた後、店を早めに上がらせてもらって、外村の事務所に向かった。
「ごめんね、こんな遅くに。」
「いや、いつもこのぐらいの時間なら、まだいるからな。それで、話を聞いてきたんだけど、プライバシーの問題もあるから、個人名は教えてくれなかった。でも、そのときの番号は教えてくれた。」
「1508だね。」
「ああ、・・でも確か東城は自分の番号を知らないはずだぜ。」
「たぶん間違いないと思う。淳平くんと相性100%なんて、東城さんしか考えられないもん。」
「確かに、そうだな。それで、これからどうするんだ?」
「しばらく考えてみるつもりだけど、たぶん・・・」
「でも、今のあの二人をみてても、二人の間に恋愛感情があるようには見えないけどな。」
「恋愛感情がない・・か。」
「まあ、じっくり考えて答えを出せばいいさ、せめて今の映画が完成するまではな。」
「うん、わかってる。」

(確かに、2人に恋愛感情がないのはわかっている。それでもあたしは・・・。)
もし、真中が東城に彼氏を紹介するとしたら、誰を紹介するか?
やっぱり、一人しか思い浮かばないんですよ。

ところで、最初の彼氏を紹介するという下り、少し加筆修正しました。
もともとは、東城が人並みに彼氏がほしいとしか言ってなかったのですが、少し変えました。
真中と西野を見てうらやましいと思うのもありかなと思ったので、ただ、西野の代わりに真中に甘えたいと思ってないところが今の東城に対して自分が持っているイメージです。

ラブサンクチュアリの結果を西野が知ろうとすること。
外村も西野も、この時点で相性100%が誰か予想がついてます。
高校時代の2人がどうというわけではなく、今の2人がそう感じるだけの成果を上げているということでもあります。
ただ、6話で東城が「最近は仕事の相性とかにも利用されている」と言ったように、恋愛面に限定して相性を占っている訳ではないと、自分は解釈しています。
相性度が高ければ、お互いに趣味や感性で共通する部分が多く恋人としても付き合いやすいと言えます。
逆に低ければ、恋人として付き合うのに互いに相応の努力が必要かもしれませんが、お互いに自分にない面を持っていて惹かれやすいという一面があるんじゃないかなと思っています。
相性度が高くて、共通する部分が多いのが、真中と東城。
相性度が低くて、お互いに自分にない部分に惹かれるのが、真中と西野。
そう考えています。

今の真中と東城は、たまにしか訪れない外村でもそう感じるほどに監督と脚本家という関係で、才能を発揮しています。
その分、2人の間に恋愛関係のようなものを感じていないというのが周りの評価です。
ただ、これをお互いに恋愛感情がなくなったと見るか、恋愛を超えた絆が育ち始めていると見るかは人それぞれです。
もちろん自分は、後者だと思っていますけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。