スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢紡ぐ糸 第5話 強くなること

そして、クランクアップまで、後一ヶ月余りとなったころ。
鶴屋定休日、淳平から撮影場所を聞いていたつかさは、差し入れを持って行った。
スタジオに着いて早々、
「だから! そうじゃないだろ!」
(な、なに?)
「でも! それじゃ不自然すぎるよ!」
(淳平くんと東城さん?)
二人はすごい声で、言い争っていた。
淳平が怒っているのも珍しいが、綾のあんな面はつかさは見るのが初めてだった。
「あの~、大丈夫なんですか?」 つかさは、近くのスタッフに尋ねた。
「大丈夫、大丈夫、時々あるけど大抵監督のほうが言い負かされるから。」
しばらくすると、淳平と綾はふつうに話していた。

「あたし、びっくりしちゃった。淳平くんと東城さんがケンカしてるなんて」
「初めて口論しているときは夢中で気づかなかったけど、後から思い出すとちょっとショックだったというか、高校時代の東城からは想像もできないもんな。」
綾は、少し恥ずかしいのか、頬を赤く染めながら、話した。
「普段、ほとんど声を荒げることはないんだけど、映画のことになるとついね。真中くんも妙に頑固なときがあるから。」
「大抵は、監督の方が降参するんですよね。」とスタッフの一人が口を挟む。
「しょうがないだろ、結局東城のほうが正しいんだから。」
「途中で、自分の間違いを正せるのはいいんだけど、もうちょっと早く気づいてほしいな。 結構、諭すのも大変なんだから。」
そういって、綾は淳平に笑顔を向けた。
「う、・・・努力します」
淳平は素直に反省した。

撮影が予定通りに進み、淳平とつかさは帰途についた。
「ねえ、東城さんってだいぶ変わった?」
「うーん、普段の東城はそれほど変わってないと思うけど、映画のこととなると、だいぶ積極的になったな。」
「映像研究部の活動の時は? 今ほどじゃなかったの?」
「そうだな、高校の頃は映画の撮影であまり口を挟むようなことはしなかったな。」
「高校卒業してからだろうな、いい意味で変わっていったのは。」
「実際、前に東城が言ってたよ、あの時自分は振られたけど今はそれでよかったと思うって。」
「東城さんがそんなことを?」
「俺もそう思っている、4年間世界を旅して回った経験は、俺の大事な財産だからな。」
「もし、東城とつきあってたらあんな経験することはなかった。」
「そう・・」
(淳平くんも東城さんも、高校の頃と比べてものすごく変わってる。ううん、すごく強くなった。)
(あたしは、どうなんだろう、あの空港での別れの時、強くなるって決めたけど。)
(あたしは、強くなれたんだろうか。)
(それに、東城さんが変わったのは淳平くんのおかげ、そして淳平くんはあのバレンタインの時に変わったけど、そのきっかけになったのはやっぱり東城さんだった。)
(2人は、互いに影響しあっている、それは、仕事上のパートナーとしてもプラスに働いていると思う。)
(そう、今の2人の関係は仕事上の関係、あたしと淳平くんの関係とは違う。だから気にする必要は無いんだよね。)

続きを読む »

夢紡ぐ糸 第6話 夢の到達点

日曜日、淳平と綾は事務所の会議室で残りの撮影について打ち合わせをしていた。
ふいに、会議室の外が騒がしくなる。
「なんだ?」
「ちなみちゃんの声みたいね。」
端本ちなみは、この映画で女優デビューすることになった。
それほど出番が多いわけではないが、十分に役をこなしていた。
やがて、外の喧騒もピタリと止んだが二人はそれに気づかずに打ち合わせに集中していた。
「これで、後は撮影を完了させるだけだな。」
「そうだね。」
「しかし、東城が随分協力してくれたおかげで、本当に助かってるよ。撮影のスケジュールもそんなに遅れてないし、撮影が進むにつれてどんどん映画がよくなっている気がする。」
「東城と話してると、どんどんイメージが膨らんでいっている。東城に引っ張られているような気がするんだよな。」
「それは、あたしも同じ、真中くんと話してると自分の中でどんどん新しいものが生まれてる気がしてる。」
「きっと、お互いの才能を引き出しあってるんだよ。」
「俺が東城の才能を引き出してるなんて、ちょっと信じられない気もするけど、東城がそう言うならそうなんだろうな」
「でも、中学の時の真中くんのあの言葉がなかったら、あたし自分の小説を人に見せるなんて一生なかったよ。」
「中学かあ、ほんとあの頃に比べたら、東城も随分変わったよな。」
「それもこれも、真中くんとの出会いが全ての始まりだからね。」
「ああ、俺もあのときの出会いから、自分の人生が大きく変わったからなあ、あまり思い出したくないこともあるけど。」
「ふふ、そうだよね。あたしはあの頃一方的な片思いだったからまだましだけど、さつきさんと西野さんは随分振り回されてたみたいだもんね。」
「うう、それ言われると耳が痛い。」
「ふふ。」
「はは。」
二人は笑いながら会議室を出た。
「あれ、だれもいない。」
「そう言えば、途中から静かになってたね、もしかしてみんなちなみちゃんと出かけたんじゃない?」
「たく、ちなみちゃんも相変わらずだな。」
そう言って、淳平は携帯を取り出して、電話をかけた。
「もしもし、真中ですけど・・ ちなみちゃんもみんなも一緒ですか。それで、事務所には?・・はい、わかりました。戸締まりして俺たちもあがります。」
「東城、俺片付けと戸締まりして帰るけどって、東城、どうかした?」
綾は、一台のパソコンの前でモニタを見ていた。
「これ、ラブサンクチュアリだね。」
「ああ、なるほどちなみちゃん相手にみんなして占っていたのか。」
「ねえ、あたしたちもしてみない?」
「え、東城とか?」
「うん、最近は仕事の相性とかにも利用されているって聞いたことがあるよ。」
「そっか、おもしろそうだな。」
二人は、パソコンにそれぞれ自分のパーソナルデータを入力した。


しばらくして結果が表示される。
『お二人の相性度は・・・100%です。』
「「・・・」」
「100%って・・・はは、ちょっとすごいな。」
「うん、でも・・あ、この雑誌。」
綾は、近くにあった週刊誌を手にとってページをめくる。
「あった。」
「どうかした?」
「うん、これを見て。」
そこには、ラブサンクチュアリのプログラムを作った人の記事が載っていた。
そして、相性度100%は最初に泉坂高校の文化祭の時に一組だけいたが、そのカップルは参加しなかったという。
そして、今は90%以上のカップルには連絡をもらってお祝いの品を進呈しているが、未だ100%のカップルからの連絡はないということだった。
「この一組って・・。」
「間違いなく、俺たちのことだろうな。」 「「・・・・・。」」
「なあ、東城・・」
「うん、わかってる、これは二人だけの秘密だね。」
「悪い。」
「真中くんが謝ることないよ、今のあたしたちでこんなのが世の中にでたら大変な騒ぎだもん。映画の宣伝としてはすごいだろうけど、プライベート面でちょっと、お互いまずいことになりそうだから。」
「え?東城も?」
「そうよ、こんなの知れ渡ったら、彼氏なんて絶対出来ないよ。それでも言い寄ってくるのは、自信過剰なタイプばっかりだろうし、今でも割とそうなんだけど。」
「そっか、それもそうだよな。でも、さっき二人で話してたこともそうだし、俺、高校の時から感じてた。東城と一緒ならなんだって出来る気がしてた。この結果見てると、ああやっぱりそうなんだなって納得出来る。」
「うん、それに、あたしたちの遠い夢もこの結果見てるとすごく勇気づけられる気がする。」
「はは、確かにな、考えてみればとても到達出来そうにないような夢だったからなあ。でも俺も同じ気持ち、これを見てると、もしかすると到達できるんじゃないかって思い始めてる。」
「まだまだ、道は長いけどな。」
「うん、これからも一緒に映画を作っていこう、あの夢につなげるために。」
「ああ、もちろん!」


あたしたちの、夢の到達点はそのゴールすら見えなかった。
でも、今ゴールが見えた気がする。
見えているゴールは、まだ遙か彼方だけど、それでも、ゴールが見えたことは、あたしたちにとって大きな一歩だと思う。
あたしたちはそれに向かって歩き続ける。二人の夢を紡ぎながら。

東城の幸せ。end

続きを読む »

夢紡ぐ糸 第7話 迷い

「そういえば、東城もやっぱり彼氏がほしいの?」
「うん、真中くんに甘えている西野さん見てたらうらやましくなっちゃって。」
「え?」
「あ、別に真中くんに甘えたいとかじゃないの。真中くんとはこうやって一緒に映画を作ってる時間のほうが、ずっと楽しいから。」
「なんとなく、ああいうふうに甘えられる人がいたらいいなって。」
「なるほどね、う~ん、日暮さんなんてどうかな。」
「え?日暮さんって西野さんがつとめてる店の? あの人けっこうかっこいいけど、あたし・・」
「かっこいい人は苦手?」
「うん」
「確かに外見かっこいい人だけど、それだけじゃないぜ。」
淳平は、日暮と初めてあった時のことを話した。
「そんなことがあったの。」
「うん、日暮さんはいまでもかっこいいけど、そういうところは変わってないと思う。」
「そっか、会ってみようかな。 映画が完成したら紹介してくれる?」
「ああ、向こうにも伝えておくよ。」



淳平と綾が、ラブサンクチュアリの結果を知る数日前。
つかさも、同じ週刊誌のラブサンクチュアリの記事を読んでいた。
「泉坂高校で、一組だけの相性100%のカップル・・・」
「・・・・」
「ピ、ポ、・・」
「もしもし、外村くん? あたし、西野つかさだけど。」
〔つかさちゃん? ひさしぶり~、よく俺の番号覚えてたね~。〕
「うん、ちょっとたのみたいことがあって、・・・」
〔・・・OK わかった 調べてみるよ。でも、いいのか?〕
「うん、どうしてもはっきりさせておきたいから。」



そして、つかさは外村から連絡を受けた後、店を早めに上がらせてもらって、外村の事務所に向かった。
「ごめんね、こんな遅くに。」
「いや、いつもこのぐらいの時間なら、まだいるからな。それで、話を聞いてきたんだけど、プライバシーの問題もあるから、個人名は教えてくれなかった。でも、そのときの番号は教えてくれた。」
「1508だね。」
「ああ、・・でも確か東城は自分の番号を知らないはずだぜ。」
「たぶん間違いないと思う。淳平くんと相性100%なんて、東城さんしか考えられないもん。」
「確かに、そうだな。それで、これからどうするんだ?」
「しばらく考えてみるつもりだけど、たぶん・・・」
「でも、今のあの二人をみてても、二人の間に恋愛感情があるようには見えないけどな。」
「恋愛感情がない・・か。」
「まあ、じっくり考えて答えを出せばいいさ、せめて今の映画が完成するまではな。」
「うん、わかってる。」

(確かに、2人に恋愛感情がないのはわかっている。それでもあたしは・・・。)

続きを読む »

夢紡ぐ糸 第8話 西野の決意

プロローグから読む

映画のほうは、無事にクランクアップ、編集作業に入っていった。
綾は、2,3日に一度編集された映像のチェックでスタジオを訪れていた。
「あ、西野さん。」
「東城さん。」
「西野さんは真中くんのところに? まだ編集中だったでしょう。」
「うん、あたしは差し入れを持って行っただけだから。東城さんは?」
「あたしは、編集終わったぶんを見てきただけ、特に問題とかなかったから、これから帰るとこ。」
「そっか、ねえ一緒に帰らない? 話したいこともあるんだ。」
「え、いいけど。」

スタジオ内、淳平たちはつかさが差し入れてくれたクッキーを食べていた。
「かんとく~ 相変わらずあつあつですね~。」
「はは。」
「ほんと、西野さんっていつも笑顔でかわいいし。」
「・・・いつも笑顔、か。」
「ん? 監督、どうかしました?」
「いや、なんでもない。」
(最近のつかさは、つくり笑いが多いな、やっぱり寂しいのか。でも、これからしばらくは映画が完成するまで時間作れないしなあ。)

泉坂まで戻ってきた綾とつかさは、近くの河原のベンチに腰掛けていた。
遠くで子供たちの声が聞こえる。
「それで、話って?」
「東城さん、答えづらいかもしれないけど、正直に答えてほしいの。」
「淳平くんの彼女になりたい?」
「え?」
「お願い、正直に答えて。」
つかさの目は真剣だった。
「そうだね、一緒に映画とか見に行って、終わった後映画の話して、そうしたら楽しいだろうね。」
「じゃあ。」
「でもね、それは楽しいかもしれないけど、今、真中くんと一緒に映画を作っている時間に比べたらたいしたことじゃないの。」
「高校の頃も映画を作ってたけど、あの頃はただ真中くんのために手伝っていた。」
「でも、今はちがう。もちろん真中くんと映画を作るのは楽しい。真中くんと一緒だと、自分の中から新しいものがどんどん生まれてる気がする。でもそれだけじゃなくて、大勢の人が映画の完成に向けてエネルギーを注いでいるのがものすごく気持ちいいの。あたしもその中の一人なんだと思うと、すごく感動する。」
「だから、今のあたしは恋をしている暇もないし、恋にエネルギーを回している余裕もないかな。」
「それに今の真中くんとは、お互い気をつかうようなところがなくなってるし、前に西野さんが見たような口論を平気でするし、高校の頃のような雰囲気なんて全くなくなっちゃったかな。」
つかさは、黙って聞いていた。
「そっか、今は大事な友達みたいなもんなんだね。」
「うん、でもどうしたの? 急にこんなこと聞くなんて。」
「ううん、別にたいしたことじゃないの。」
(やっぱり、あたしが自分で決めないといけないんだ。)

プロローグから読む

続きを読む »

夢紡ぐ糸 第9話 友達として

プロローグから読む

映画は完成し、試写会での評判はすごかった。
つかさは、二人にお祝いしたいと言って鶴屋に連れて行った。
「あたし、東城さんの原作の一作目も見たけど、あれよりも全然感動した!」
そう言って、3人で夢中で試写会の話を続けていた。
それから、つかさが次の映画のことを聞いてきた。
「ねえ、次の映画も二人でつくるんでしょ。」
「う~ん、そのつもりではあるんだけど、具体的になるのは今の映画の結果が出てからだな。」
「きっとすごい人気が出るよ。試写会の評判もすごくよかったんだから。」
「うん、あたしもそう思う。きっとまた二人で作れるよ。」
つかさと綾は、自信満々に答えている。
そして、つかさがもう一言付け加えた。
「これからもあたし応援するね、2人のことを・・・・・2人の友達として。」


淳平と綾は一瞬、つかさがなんと言ったのか理解出来なかった。
数瞬の沈黙の後。
「な!、何いってんだよ、つかさ。」
「そうよ、急にどうしたの?」
そして、つかさはゆっくりと話し始めた。
「2人が映画を作り始めてしばらくしてから、よく同じような夢を見るの。」
「淳平くんと東城さんが、並んで長い階段を上っていく夢」
「2人はずっと上を見上げて歩いてて、あたしは淳平くんを追いかけようとするけど追いかけられない。あたしは階段に乗っていなくて、遠くから見ていることしか出来ない。」
「最近、わかり始めたんだよね、淳平くんと東城さんはものすごく大きな夢を持っていて、それに向かって歩いているんだって。」
「確かに、東城とは一緒に目指してる夢があるけど、それはつかさに対する気持ちとは全然違うんだ。おれが好きなのは、つかさなんだから。」
淳平は、必死で自分の気持ちを伝えようとしていた。
「うん、淳平くんの恋人はあたし、でも、淳平くんと東城さんの絆の強さを考えると、恋人のあたしと淳平くんの絆がどれだけちっぽけなものか、思い知らされる。」
「それは、2人が映画を作り始めたときから漠然と感じていたけど、2人の相性が100%ってわかってから確信した。」
「「えっ」」同時に驚く2人。
「・・・・、その様子だと、2人とも知ってるみたいだね。」
「いや、それよりもなんでつかさが・・・」
「あたしが知ってる理由?」
「ああ」
「外村くんに頼んで調べてもらったら、泉坂高校の文化祭で100%だったカップルの番号は淳平くんの番号だった。」
「でも、それだけだと相手はわからないでしょう。あたしは自分の番号知らないし。」
「今の2人を知ってる人間ならみんな同じ答えを出すよ。淳平くんと相性100%の相手なんて東城さんしかいないって。」
2人は、なにも言えなかった。
「あたしが淳平くんを好きな気持ちは変わらない。だからこのまま恋人のままでいることも考えた。
でも、いつか淳平くんがその夢を叶えたとき、一緒に喜びを分かち合えるのはあたしじゃなくて、東城さんなんだよね。」
「もし、淳平くんが一人でその夢を追いかけてるなら、恋人として、夢を追う淳平くんを支えたいと思う。
それなら、淳平くんが夢を叶えた時、あたしは淳平くんと一緒に喜びを分かち合える。でも、淳平くんの夢を支えられる人は別にいる。
互いに支え合うことが出来る人が・・・。
恋人のあたしが支える必要なんかない。
淳平くんと東城さんなら、互いを支え合って夢に向かってずっと歩いていける。
そうなったら、いつか夢を叶えた時、あたしは素直に喜べないと思う。」
「それなら、恋人じゃなく友達として2人の夢を応援しようって思った。」
「「「・・・・・」」」
「日暮さんがさ、来月からまたフランスへ行くことになってて、それにあたしも一緒に行かせてもらおうかなって思ってる。」
「期間は半年から長くて1年。だから、今度帰ってくるときは、友達として再会しよう。」
そう言ったつかさは、笑顔だった。
しかし、淳平にはわかっていた。そして、気付いてしまった。
「俺、つかさの笑っている顔が一番好きだ。でも・・、もう恋人としての俺の前で本当の笑顔を見せてくれることはないんだな・・・。」
「・・・うん」
淳平のとなりで綾は目に涙をためていた。


つかさは、かたづけがあるからと、淳平と綾を先に帰らせていた。
厨房で、かたづけをしていると、不意に扉が開く音がした。
「日暮さん?」
「ああ、淳平から電話があってな、つかさくんがひとりでかたづけをしているが大変そうだから手伝ってくれって、つかさくん、泣いてるのか?」
「い、いえなんでも」
(もう、淳平くん最後までやさしいんだから)
「なにかあったのか。」
「・・・、少し話を聞いてもらえますか。」


今日、あたしは自分の恋を終わらせた。それは、今のあたしにとってつらいことではあったけど、いつか2人が夢を叶えた時、この決意が正しかったと言える日が来ると思う。
だからそれまで、2人が紡いでいく夢を応援する。それが、あたしにとって新しい幸せをつかむことにつながると思うから。


西野の幸せ。end


プロローグから読む

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。